カテゴリ:木目込み人形( 104 )

子供の日

今日は晴天。
娘の子供の初節句。
”兜曳き”を作ってあげました。
e0158687_16060062.jpg
孫の名前を付けた作札がやっと間に合いました。
孫もすくすく育っています。

上の子のお人形と一緒に飾ってくれています。
e0158687_16062101.jpg
娘がお節句のお人形を作って欲しいと言ってくれて、ちょっと嬉しい私でした。

ちなみに、午前中畑の草取りをしてグロッキーで、お祝いらしいおご馳走を作ってあげられなかったけれど、自分でお赤飯を炊くと言っていました。
ごめんね。

そろそろ梅雨入りなので、晴れた日は忙しいです。



by miistitch | 2019-05-05 16:19 | 木目込み人形 | Comments(0)

2019年 真多呂木目込み人形作品展

4日間 昨年に引き続き、木目込み人形展をしていました。
e0158687_14363106.jpg
源氏物語と地唄舞の展示でした。
e0158687_14372407.jpg
地唄舞は光琳屏風を背景に飾りました。
e0158687_14374814.jpg

真多呂源氏物語は、雛の毛氈の上に、金屏風を背景にしました。
e0158687_14490101.jpg
e0158687_14492960.jpg

e0158687_14495696.jpg
真多呂源氏物語は、
似合いそうな2体ずつをケースに入れての展示になりました。

脇息にくつろいで、明日の君の琵琶を楽しむ夕霧
e0158687_14383212.jpg

正装の、葵の上と光源氏
e0158687_14384988.jpg

夕顔と、一首読む藤壺の宮
夕霧の、スカイブルーの着物が好きという方が何人かいました。
e0158687_14390892.jpg

文読む玉鬘と、貝合わせで遊ぶ空蝉は、几帳を背景に。
e0158687_14392946.jpg

幼い横笛の薫と、桜の枝を持つ若紫は、萌える春草の上に。
e0158687_14394276.jpg
かぐや姫は、ちょっと窮屈なケースでした。
e0158687_14595580.jpg

幼子は囲炉裏端で。
夫に、100円ショップの畳を組み立ててもらい。、100均の囲炉裏と衝立て。
炭は焼いてボンドで固めています。


e0158687_15001553.jpg
本土は今こんな季節でしょう。


一番見てもらいたかった地唄舞は、
e0158687_15004264.jpg


本当は、ガラスケースなしで、こんな風に飾りたかったです。
e0158687_14405830.jpg

e0158687_14411451.jpg


e0158687_15291428.jpg
湧き上がる雲の中にかぐや姫が天上に上がっていくようで、去年の屏風がジャストフィットしました。

4日間、付きっきりで、ちょっと疲れましたが、みなさんに楽しんでもらえたようで、励みになりました。


by miistitch | 2019-01-26 15:51 | 木目込み人形 | Comments(4)

真多呂源氏 光源氏

「光源氏」
満を持しての登場です^^
e0158687_16094527.jpg
輝きがすぎて、写真がボケてしまいました^^
e0158687_16095929.jpg
このシリーズ最後 10体目です。
今年も、人形作りに明け暮れた一年でした。
作ったお人形は干支の一つを足して19体でした。


一年間お付き合いいただいて ありがとうございました。
みなさま良いお年をお迎えください。


by miistitch | 2018-12-31 07:54 | 木目込み人形 | Comments(0)

真多呂源氏 空蝉

空蝉 出来ました
このお人形も裾の重ねと襟の重ねの布が無いセットだったので、捻出しました。
襟は見えないということでほとんど重ねは省略されているのですが、シリーズの制作の初めにそのように作り始めてしまったので、揃えることにしました。
襟元がちょっと華やかになります。
e0158687_09553424.jpg
貝合わせで遊ばれています。
e0158687_09555554.jpg


More
by miistitch | 2018-12-30 10:17 | 木目込み人形 | Comments(0)

真多呂源氏 次の人形の下準備

お人形作りは続いていました。
今年最後のお人形の下準備が出来ました。
光源氏の登場です。
e0158687_07403163.jpg
街道歩きの記事をまとめてupするために、手芸upは滞っていました。

今朝は黒豆を煮ています。これから”ごまめ”を作り、なますの代わりに大根の菊花作りを仕込みます。
明日は義母の正月料理の定番、白豆と七宝煮を作ります。

by miistitch | 2018-12-29 07:46 | 木目込み人形 | Comments(0)

真多呂源氏  夕霧

光源氏と葵の上の息子 夕霧 出来ていました。

冠の纓(えい)は緩やかに曲げてくつろがせます。
脇息(きょうそく)に体をもたれかけています。
真多呂の小物は本格的です。
e0158687_22423366.jpg
なかなか渋くていいです。

2体一緒にすると引き立て合います。
e0158687_22433200.jpg
生きていた時代は違いますが、家の中でお話ししているようなお二人になりました。
このシリーズのお人形は、ちょっと小ぶりなお人形達です。

by miistitch | 2018-12-27 22:49 | 木目込み人形 | Comments(0)

真多呂源氏 藤壺の宮

仕上がっていました。
藤壺の宮
e0158687_23283576.jpg
e0158687_23290964.jpg
私も今 急いで年賀状をしたためています^^


by miistitch | 2018-12-25 23:31 | 木目込み人形 | Comments(2)

真多呂源氏 次の人形の下準備

木目込み人形 次のお人形の下準備ができました。
e0158687_09533490.jpg
12月、もう一踏ん張り しないと!


by miistitch | 2018-12-08 07:13 | 木目込み人形 | Comments(2)

真多呂源氏物語より 薫

童第2弾は、 薫
光源氏の子供 薫は琴や横笛が得意だった。
e0158687_16074738.jpg
e0158687_16080942.jpg

童を二つ並べてみると、可愛い。

e0158687_16085331.jpg


More
by miistitch | 2018-11-30 13:52 | 木目込み人形 | Comments(0)

真多呂源氏シリーズより 若紫

若紫を作りました。

e0158687_16131642.jpg
e0158687_16133507.jpg
源氏が、恋しい藤壺の身代わりに理想的な女性に育てた”紫の上”の幼少の姿です。


お人形の手と桜は 昔販売されたお品なので欠損していて、北国街道の帰りに真多呂会館で求めてきたものです。



More
by miistitch | 2018-11-28 16:34 | 木目込み人形 | Comments(0)