裸の王様 アンデルセン童話10

王様に登場してもらいました。
夜の 濃い色のステッチは苦手ですがそれ以上に白が刺し難いこと。
e0158687_232570.jpg
王様の足がにょっきっと長いのは 裸を表現しているかんじがでています。
白い色の下着姿です。ああ、はずかしい!
やっぱり 1ブロックずつ完成していかないと 落ち着きません。



今日は気温も下がって 庭のエゴの木も爽やかに 風に揺れていました。
e0158687_0264062.jpg
木の下、散り敷いた花もきれいです。
20年の大木です。都心の公園でも この景色を見ました。5月でした。
e0158687_031662.jpg

e0158687_0321847.jpg春菊とピーマン収穫。
柔らかです。
 化学肥料を使わないので ピーマンは、緑色がうすくて皮が柔らかです。2本しかない木でも楽しめます。自家製っていいです。
by miistitch | 2009-02-18 00:46 | Fremme | Comments(2)
Commented by mikoshi3310 at 2009-02-18 10:59
本当ニョキっと長いですね^^かわいいです。私も白のステッチは
とても苦手です。エゴの木素敵ですね。そして空の色が
もうすっかり春を感じます。こちら、今日は少し肌寒いといった感じ
なのですが、早くそちらから春を運んできて欲しいです。
着々と収穫できていますね♪自家製だと料理も楽しくなってしまいますよね^^
Commented by miistitch at 2009-02-19 02:14
みささん#
エゴの木は 実に毒があるそうですが、小鳥がよく食べにきます。
実をつぶして 川に流して魚を麻痺させて 取ったとか・・・。
白い花は爽やかな香りです。年に2回は咲きます。シラン アセビなど咲いて春爛漫ですよ。
ステッチは よく間違えます。間をおくと顕著です。^_^;
<<  中国・韓国 世界遺産8 ブタ飼い アンデルセン童話9 >>