さくら 2

折りためています。e0158687_18113573.jpg
e0158687_18121461.jpg

花と花のつなぎの折りは けっこう複雑。私が”Wの悲劇”と名付けた←上から5番目のところもだんだん要領を得てきました。Wの折線が出来るのを待つ気持ちで、やさしく紙を扱うのが折り紙のコツかな?折り線をはっきりつけるのもコツと教わりました。私は楊枝を半分にして折り線をつけています。
e0158687_18385520.jpg

book;折り紙 夢WORLD
川崎敏和 花と動物編
 朝日出版社

たくさんできたので、繋げてみました。1個ずつの花は作りやすいです。
e0158687_1842230.jpg

e0158687_18434710.jpg

”Wの悲劇”を使うと、枝垂桜(しだれざくら)みたいで雰囲気が出ます。
by miistitch | 2009-01-25 18:52 | 私のぺーパークラフト | Comments(2)
Commented by すみはな at 2009-01-25 23:09 x
初めまして、50代の主婦です。昨秋から、皆さんのクロスステッチのブログを拝見して、楽しんでいました。自分でもやってみたいと思って、新年早々始めたら・・・、リネンの目が細かくて見えない・・・。もうダメと思っていたら、こちらにルーペスタンドのことが書いてあって、「これだ!!」と思い、早速注文しました。届いたのを覗いてみたら、「よ~~く見えて、感激!」 お礼を言いたくて、初めての書き込みに挑戦しています(笑)。
ご主人の作品も素晴らしく、これからも楽しく拝見させて下さい。
Commented by miistitch at 2009-01-26 10:02
#すみはなさん# はじめまして。コメントとってもうれしいです。このルーペスタンドは本格的な刺繍用ではなくてネイル用みたいですが、レンズに慣れればスタンドの光も布をしっかり見せてくれて優れものですよね。
私も これで生き返りました。うれしくて、周りの方にも思わず薦めています。会社の回し者みたいですが(^。^)
同年齢の悩みを克服して、ご一緒にステッチ生活を楽しみましょうね。
ちょっと余裕が出来て自分の趣味に没頭でき やり過ぎないようにとは思っていますが やめられません。
若い方のブログも楽しいですね。また いらしてください。
<<  さくら 3 「さくら 咲く。」 人形展1 >>