マリ イエメン 世界遺産6

光の 芸術を感じさせる2点です。土壁という共通点も。
夫の折り紙建築からの抜粋です。
ジェンネの大モスク(マリ)
e0158687_1915210.jpgジェンネは、サハラ砂漠南縁の古都トンブクトゥと内陸を結ぶ交易路の中継地。
大モスクを取り囲み旧市街全体が世界遺産となっている。モスクの土壁は雨季に備え、毎年、周辺住民が一丸となって塗り替える。
遺産名 ジュンネの旧市街
登録年 1988年

ジパームの旧城壁都市(イエメン)
e0158687_1910289.jpg
イエメン中部ハドラマウト州のジパームは、3世紀頃からこの地方で栄えた町。城壁で囲まれた旧市街には、約500棟の土壁の高層住宅が建ち並び、その多くが築100年前後のものだという。
遠望はさながら「砂漠のマンハッタン」
遺産名 ジパームの旧市街都市
登録年 1982年

Book;折り紙建築
世界遺産をつくろう!
茶谷正洋 中沢圭子  ー解説文は本文から転載しています。ー
by miistitch | 2009-01-17 19:19 | 夫・ペーパークラフト | Comments(0)
<< 収穫 野菜&アンデルセン童話5 水野悦子と眞水会展のお知らせ&... >>