帆船模型展

今日は海の日でした。
木目込み人形の勉強に東京に行って昨日帰って来たので、少々疲れていましたが、夫と帆船模型展”アンカーの会”を見に行ってきました。
e0158687_234391.jpg

夢中になって作っている方が結構いらっしゃるのだと 感心しました。



人目を引いていたのは、夫の制作中のサンタマリア号の大きな船。コロンプスが出てきそうな大きな模型でした。
e0158687_23502598.jpg
 
沖縄のシンコウ船や山原船、ノアの方舟、屋形船などバラエティに富んだ模型展でした。
e0158687_23452980.jpg


e0158687_2356467.jpg

タイタニック号。e0158687_2353219.jpg
e0158687_23534717.jpg
e0158687_23554081.jpg

e0158687_23562496.jpg 







帆船の内部の模型もありました。模型の制作時間は100時間〜500時間 力作ぞろいでした。
夕方の九州地方のTVで紹介されていました。
〜24日まで。与那原町コミュニティーセンター。
by miistitch | 2010-07-19 23:30 | 夫.帆船模型 | Comments(2)
Commented by aya-mimo at 2010-07-20 17:58
ステッチなんて、まだまだひよっこな、
根気仕事の趣味の世界がありましたね〜〜。
模型を作らない人でもはしゃいでしまいそう。
断面図はドールハウスの感覚に近いでしょうか?
自分では立体を作らないのですが、実はドールハウスファンの
気持ちはわかってしまう、模型好きです。むふふ。
模型ファンのオフ会みたいですね。
童心に戻って目がキラキラされていたのでは?
Commented by miistitch at 2010-07-21 02:18
#aya-mimoさん 夫との付き合いで行った帆船模型展でしたが、本格的な船の数々で驚きました。制作者の方特にこのサークル長の方の模型は繊細で正確な美しい模型でした。ノアの方舟からすべてが網羅されていて多分一生分の制作品だと思いました。その方にお会いしたくなりました。どの分野でも趣味を超えた方がいるものだと思い知らされた感がしました。
毎年海の日に展示されているようですので、夫の制作熱が継続していれば又来年見に行ってどんなふうに制作されてきたのか聞いてみたくなりました。
模型って不思議な魅力がありますね。ayaさんもすきですか〜。んふふっ。
私も見ているだけですが、引き込まれます。
<< 大当たり! 5月30日 船尾をつけて甲板を張る >>