トンネルを抜けると湖が・・・  その3

昨日のブルートレインが登っていったのはこのトンネル、(クリックすると拡大)
e0158687_0121032.jpg
昨日の画像は、いつの間にか2つあるトンネルのうち違うトンネルに替わってしまっていました。

今日は そのトンネルを抜けた景色をお見せします。

トンネルを抜けると 湖があります。
まず 岩肌をバルサ材で作ります。バルサ材は歯でかむと自然の岩肌の感じが出ると本に書いてあったそうで 歯で噛んで作ったのですが、あまりに沢山噛んだので 歯が痛くなって歯医者に行きました。完成後もしなければいいのに 皆に説明してみせるときにも「こんなふうに噛んだんだよ。」と 実践してしまい、差し歯が抜けて 又歯医者に直行しました。^_^; そして 岩を配置して彩色して 断崖の岩のあちこちに低木を配置。(クリックすると拡大)
e0158687_214231.jpg

そして湖は 底を絵の具でブルーに塗ってから水を流し込みます。
水は 専用のビーズのような固形物を鍋で熱して 熱いうちに 流し込んで作るのですが、1回目は混ぜ方が足りなくてやり直しました。2回目は沸騰してしまい泡がぶくぶくできてしまいました。冷まそうと団扇であおって水面に小波が立ちました。澄んだ高原の湖にはなりませんでしたが、リアル感はでたかもしれません。

崖の上から湖を眺める人たちがいます。
e0158687_031218.jpg

向こうに町並みが見えています。
e0158687_0231413.jpg
全体像です。
e0158687_0375374.jpg

by miistitch | 2009-06-04 23:23 | 夫・鉄道模型 | Comments(4)
Commented by wiscott at 2009-06-05 04:30
すてきですね~♪鉄道模型は奥が深いのですよね。だんなさまは全て手作りされるのですね!歯を痛くされてしまう、それほど夢中になれるものがある、ってとても素敵です。夫のおじも鉄道模型の大ファンで、離れの2階は鉄道模型専用の部屋になっています。クリスマスやハロウィーンでいろいろレイアウトや、飾り付けを替えて楽しんでいるらしく、季節ごとに写真を貰うのが楽しみです。本物に顔を近づけて見ると、その世界に浸れて楽しいです!
Commented by parfum at 2009-06-05 11:04 x
牧場もあったのですね~♪
牧場とかになってないのがいいっていうのは、
牧場それだけになってなくていいってことです。。。
全体像をみて、町並みも山も湖もちゃんとあってすごいなーって思って。
牧場はどこかしら?街の上の丘かな?楽しみです(^-^)/

今日の一番はじめの写真の、トンネルを抜けたところにある白いものは
鳥ですか?トンネルから電車がでてきて、びっくりして飛び立っている
様にみえました♪

学生時代、モデリングペーストやグランドフォームを買うお金がなくて、苦労した思い出がよみがえってきました…水の素も懐かしい。。。
Commented by miistitch at 2009-06-06 00:52
わかめさん#
夢中になって始めたので、仕事から帰宅してから 直ぐ篭って6ヶ月間話をする時間も惜しんでの作業でした。夫の集中力に驚きました。
おじさまの鉄道模型は大きいんですね。
お部屋いっぱいに広がったら 動かした時に迫力あるでしょうね。見てみたいです。体をかがめると 本物に見えます。夫のは 春の景色ですが、装飾で季節感を出すのも楽しそうですね。
孫が男の子なので 成長と共にどう反応するのか 楽しみです。
1年に1度 来ますので その時が楽しみです。
Commented by miistitch at 2009-06-06 01:09
parhumさん#
そうなんです。 狭い中に盛りだくさんになっていったので、夫が作っていく過程が驚きの連続でした。
トンネルをぬけたところの白い物は 苦労してつくった桜の木なんです。
”鳥が驚いて飛び立つところ”なんていう すてきなコメントをいただいて 私も夫もとってもうれしかったです。こんなに細かく見てくださって UPしたかいがありました。
水の元 そうですね、お高くて 2回買って良しとしました。
実験もせずにぶっつけ本番でしたので 無謀ですね。相談するところがなかったので。
parfumさんとはやくにお知り合いになれたらお聞きできたのに ((^^))
<< 高原から街へ  その4 ブルートレインは野山を駆ける その2 >>