凧売り

e0158687_09533424.jpeg
説明書
江戸の町に木枯らしが吹き始め、お酉さまが賑わう頃、お正月の風物詩、凧が売りに出されます。 奴凧、鳶凧、扇凧、三番曳凧など種類も多く色も刷りもきれいなものでした。
子供達が遊ぶ1枚張りの小さな凧が当時十文。お蕎麦一杯とほぼ同じ値段でした。凧は江戸の男の子にとって正月一番の遊びで、大名の若君には凧部屋という置き場所があったほどです。
あちこちの空き地や川の土手に子供達が集まり、凧の上げ比べをして競い合いました。今でも東京のあちこちには冨士見町、富士見坂という名がたくさん残っていますが、当時の江戸はちょっと広い通りから富士山が見え、一幅の絵のようにのどかな風景が栗色げられました。
凧は売る時期が短いので、町には二、三丁のうちに何軒もの凧売りが店を広げ、威勢のいい掛け声で子供達を集めました。
凧の卸問屋は七軒あり、伊勢屋半兵衛の凧は良く上がり、上製でした。
お正月を告げる凧売りが、いなせな雰囲気一杯のお人形です。
藍染の小紋にえび茶の頭巾の配色の良さが江戸情緒をしのばせます。


左の凧の金粉が取れそうなので、ボンドを薄めて霧吹きでかけました。和紙に書かれたお顔が滲みそうなので 慌てて拭いたりしてやっと完成です。
江戸の町の賑わいが説明書でいっそうよくわかります^^

残すところ”江戸商いシリーズ”、あと一作です。

by miistitch | 2017-07-25 10:58 | 木目込み人形 | Comments(2)
Commented by cat at 2017-07-27 09:05 x
今は電線があるので 街中で凧揚げは難しくなりましたね。
こちらではほとんど見かけません。
雪ですしね(^^)
昔のよいところが お人形で残るのはいいですね~。
Commented by miistitch at 2017-07-27 22:42
#catさん いつもコメントありがとうございます。
女の子でしたから凧揚げはあまり経験がありません^^
子供はカイトを揚げました。
でも 昔の凧には郷愁がありますね。
このシリーズは童顔なのですが 江戸の町の賑わいは感じられます。いい風景だった〜^^
<< コマ廻し 「江戸商いシリーズ」... 唐人飴売り >>