「どうぞ お手柔らかに、、、」

(今日2つめの記事です。)
続いて登場の5人目の紳士、
「ぼくの淑女はあなたをおいてありません」なんて言っているかしら?
e0158687_918858.jpg

by miistitch | 2014-09-02 09:19 | Franceのstitch | Comments(4)
Commented by Pola at 2014-09-02 11:27 x
久しぶりに晴れました。
お日様って有難いです。

ミイさんの刺すこの作品、完成が、すごーく楽しみなんです。
ワクワクしちゃってます。
夢がふくらむって、こんな作品の事かな?
Commented by taka at 2014-09-03 06:37 x
どんどんお仲間が増えて行きますね♪
何処まで…。私も完成がとっても楽しみ!!
優しい表情の面々。
微妙なタッチをステッチで表現するのって難しそうですね。
Commented by miistitch at 2014-09-03 15:40
#Polaさん 今年は天候不順なんですね。さっぱりした秋が待ち遠しいですね。こちらはまだ真夏、でも早朝涼しい日もあります。10月までは我慢です。
この舞踏会はとても鄙びていて、村のお祭りかもと思ってきました。淑女が熟女なかんじなんです。^^
ステッチする方は 我慢大会みたいです。フレメの太い糸の世界ががなつかしくなってきました〜〜
Commented by miistitch at 2014-09-03 15:48
#takaちゃん このフランスの刺繍の色ぬりやバックステッチは本を見ながらでないと解らない事が多くて、レンズを左手に本をにらめっこしながらレンズを覗きながらのステッチ、ちょと人に見せられない姿勢で頑張っています。
バックステッチは茶色の糸の太さで表情が違ってきますが、作家さんのおかげで可愛らしくステッチ出来ています。やはりプロののしごとは違うなと感心しきりです♪ 
<< おしゃれなドレスで カフェ廻り >>