男雛 木目込みを始める

男雛の木目込みを始めました。
小刀で溝の深さをもう一度点検して、溝に糊をいれ布地をはめ込んでいきます。
e0158687_14381189.jpg
本金の布地はしっとりとしてボディに馴染みます。高価な布で失敗を許されないので、手が震えます。

昨日息子からの電話の終わりに、「お雛祭りに間に合うか心配」と息子。「急がなくてもいいよ」と言葉に注意しているが、ブログを見て刺繍ばかりしているのが気になっていたようです。
(こんなことを言わせてしまって、かわいそうに。頑張りますよ。
 下地を整えるのが大変だったのよ^^v )

「受験生になったつもりで頑張らないと」と、夫がすっごく濃いコーヒーを入れて来てくれて,昨夜はここまで木目込みました。
今日はセンター試験、受験生の気持ちで今日も頑張っています。
e0158687_14543766.jpg
by miistitch | 2014-01-18 15:06 | 木目込み人形 | Comments(2)
Commented by rinrin at 2014-01-18 20:56 x
見事ですね
下地などは素晴らしくて・・・・・
レベルが違いすぎて、
Commented by miistitch at 2014-01-19 11:09
#rinrinさん 褒めて頂いて、やる気が出てきました!
追いつめられないと始まらないので、息子たちの気をもませています^^
下地を貼ると 布を木目込んだときもう調整が出来ないのがちょっとつらいですが、薄い布地の時は貼るようにしています。違いますよ〜
昔福岡で見たお人形は、修正しないで布を巻いていました。いろんな流派があるようですね。
このお雛様は ボディが複雑でたおやかな流れがあるのでよけいに良く見えますよ^^
<< 袴を木目込む 下地を貼る2 >>