作品展に向けて

やっとお盆が明けて、2年に1回の木目込み人形の作品展に向けて、追い込まれています。
ステッチに明け暮れた”つき”が廻ってきました。
古布をどのようにお雛様の重ねにするか?
e0158687_9441442.jpg


「水野悦子と真水会作品展」
新宿 京王プラザホテル
ロビー展示 「平安のみやび」展示
        平成22年12月27日〜平成23年1月18日
ギャラリー展示 平成23年1月9日〜平成23年1月18日




女雛の重ねは 東京の水野先生のご指導でここまでになりましたが、男雛の重ねは自分で決めて作業して行かないとお稽古が先に進みません。
e0158687_9524489.jpg

お稽古が東京まで行かないと受けられないのでなかなか細かなところが理解出来なくて、今朝も先生に電話してわからないところをお聞きしてしまいました。
親切に教えてくださるのでありがたいです。
初めての「ダブル重ね」人形が小さいので苦労しています。

夫は北海道に出張 留守をうまく使わないと、、、。
来週のお稽古に向けて、頑張ります。
by miistitch | 2010-08-27 09:53 | 木目込み人形 | Comments(6)
Commented by aya-mimo at 2010-08-27 15:16
お雛様を作られているんですね。
通信教室だともどかしいこともあるでしょうね。
でも、優しく応対してくださる先生、すてきです。
すてきな作品が生まれますように。
Commented by t-three-chika at 2010-08-27 17:50
こんにちわぁ~♪

すごいですね~っ*^^*
色あわせもステキぃ~♪
どんなお雛様になるのか楽しみです♪
Commented by miistitch at 2010-08-28 03:40
#aya-mimoさん 通信ではないんですよ。実家に帰りながらなど工夫しながら上京して教えをこうています。ゆえに、東京で遊ぶ事がありません。貧乏性に出来ています。〜@〜
Commented by miistitch at 2010-08-28 03:46
#chikaさん ほめてくださってありがとう。
古布が組み合わさってえも言われぬ重ねになります。先生の色彩感覚は素晴らしいです。
作品展で実物をお見せしたいです。他の方達の力作はもっと素晴らしいです。来年の展示会は ”雛尽くし”なのですよ。
Commented by parfum at 2010-08-30 10:35 x
展示会、”私も行ける場所”ですね!
布の重なりで表現するって、難しそうです。
そもそも木目込み人形って?という状態でさっぱりわからないのですが、
ミイさんががんばって作られたお雛様が展示されるなら、見に行ってみようかな?
私的には一緒にステッチも展示してほしい。。。(^^ゞなんてね!
Commented by miistitch at 2010-09-06 11:09
#parhumさん お返事遅れてごめんなさい。
来年の作品展はお雛様がテーマなので 私の作品より、先輩の方々や水野先生の古布を駆使したお雛様や、桐版に木目込んだお雛様がたくさん出品されます。見応えのある作品を大勢の方に鑑賞していただきたいと思います。是非お出かけくださいね。
ステッチとは真逆の世界かも、^^
和.洋どちらの世界も大好きな私です。
<< お雛様製作中 夏色カレンダー  額装 >>