初孫誕生記念に鉄道模型を作る その1

2006年9月28日 長男に男の子が生まれました。
私達にとっては初孫でした。
急いで飛行機に乗り 病院へ。
「ひぇ~」と小さな声で泣く孫を抱っこさせてもらって 初孫の誕生の感激に浸りました。
自分達の生が受け継がれていくことのすばらしさ、 孫の誕生は、自分に子供が出来た時の感激とは又違った、じんと心が温まるようななんともいえない感激でした。 なんだかもう一度 生きることを許されたような・・・。

その時にお祝いにいらっしゃっていたお友達の小さな男の子が握り締めていたのは小さな電車。それを見て
夫は、♪こどものために鉄道模型を作ろう♪ と突然決意して、帰宅したそうです。

夫がはじめて電車を見たのは、大学生になった時。
沖縄にはいまでこそモノレールがありますが、鉄道がありませんでした。
いざ、鉄道模型を作ろうと思ったら、電車のことも線路のことも 駅のことも 何にも詳しく見ていないことにきずきました。模型屋さんは一軒もなく、材料をどこで調達するのか?・・・
いつものように 書籍を買いあさり、20冊くらい片端から見ることから 一歩を踏み出しました。

まず。近くのDAYのお店に行って 畳1畳のベニヤ板を購入。
発泡スチロールを敷き詰め 丘と山をやはり発砲スチロールを山の高等線を積むようにだんだんに盛り上げていって切って作りました。部屋にはスチロールの細かい粉が舞い踊りました。
Nゲージの線路のレイアウトは いくつかあったパターンの中から コントロールの装置が使えるように決めました。ちょっとの高低差でも電車は動かなくて苦労していました。・・・

そして2006年10月~2007年3月12日まで 約6ヶ月かかって Sちゃんの鉄道模型が完成しました。
e0158687_21582495.jpg

明日から 細部をご紹介します。
興味のある方は どうぞお付き合いください。
by miistitch | 2009-06-02 22:28 | 夫・鉄道模型 | Comments(4)
Commented by parfum at 2009-06-03 10:13 x
わーーー!すごーい☆
模型は作るものみるのも大好きです♪

駅前の町並みが凝ってますね。
線路のないところが、牧場だったりしないところがいいです。
間近でみてみたい。。。うずうずします。
細部の紹介、楽しみにしていますね(^-^)/
Commented by yutte27 at 2009-06-03 21:33
ミイさん こんばんは!
ええええええええええええ 、、、、えーーーーーー!?
模型って、こんなに凄い模型を手づくり!?ですか?
作れちゃうものですか?えー無理無理むり!
凄い!!!もうびっくり、驚きましたー。
Sちゃんは遊ばれたのですか?
気持ち、愛情の沢山こもった素敵なプレゼントですね。
細部楽しみです♪
Commented by miistitch at 2009-06-04 10:33
parfumさん#
夫の力作なので、さっそく反応してくださってうれしいです。
追々 細部をお見せしますね。
牧場も 実は・・・あるんです。盛りだくさんなのです。(^。^)
たたみ1畳の小宇宙です。
Commented by miistitch at 2009-06-04 10:38
yutte27さん#
突然作り始めたと思ったら、大作で、7畳間のお部屋いっぱいになったので、離れての写真が撮りにくいので苦労しました。
孫は、まだ良く遊べません。
1歳の時はきょとんとして、
2歳の時は自動で動く電車を手動で動かしたくて 壊しそうでした。
3歳の時は コントローラーを持たせたのですが、大人でも難しいので できませんでした。
<< ブルートレインは野山を駆ける その2 布地を洗う >>