塩の道 石坂越え

6月6日 
今日は石坂越えをします。12km

下里瀬(くだりせ)温泉サンテイン小谷は温泉も気持ち良く、朝食もとても充実していて接待が気持ち良い対応で
アンケート用紙に二重丸して宿を後にしました。
朝食の鮭と梅干しで 持参していた海苔とラップでおにぎりを二つずつ握らせてもらい、途中お店がなくてももう大丈夫!
思い切って「おにぎり握らせて」と頼んで良かったです。
裏山を駆け上って、右は川の絶壁という山道をずうっと歩きました。
小谷は山の中、、川を越す道路もドームで覆われているのがずっと下に見えました。気象によっては交通止めになるとのホテル前の看板が思い出されました。
牛馬や人も この狭い山道は厳しかったことでしょう。
小谷村郷土館の方が「今年はクマ報道のせいか歩く人が少ない」と言っていたが、そういえば『昨日反対から坂を上がって来た方に一人しか会わなかったな』などと思いながら歩きました。
気持ちの良い山道を抜けると田んぼが出てきて、集落の中を歩きました。
e0158687_23445698.jpeg
今日は朝食を食べてゆっくりした出発だったので 景色が開けてアルプスの山容と違った山々を見ながらゆったり歩きます。
e0158687_09211546.jpg
ちょうど菖蒲の季節で 夫が今手がけている木彫のためにしばしば撮影タイムです。
e0158687_23580640.jpg
e0158687_23575892.jpg
帰ってきて完成した夫のあやめ 堅い木で彫刻刀を一本ダメにしたとか。
e0158687_11215585.jpeg
テッセンも仕上がっています。
e0158687_11222034.jpeg
e0158687_11220201.jpeg
いろんな石仏や珍しい線描きの鍾馗様(写真がうまく撮れなかった)を愛でながら、
e0158687_23462226.jpeg
途中車道がずっと下に降りていたので わからなくなって、民家の方に教えてもらいました。
民家を過ぎ、ずうっと降りると車道に出て又道がわからなくなり、草刈りの夫婦に田圃を廻って聞いてやっと左に進めましたが何のことはない坂を下りて後数mの所に千国街道の標柱がありました^^
千国街道の標柱があるとほっとします。

幸田文の”歳月茫々”の碑でおにぎりをほおばりました。
明治44年に稗田山の崩落による受難碑があり 幸田文がこれを題材に小説を書いた「崩れ」翌年に、又がけ崩れで二つの碑とも流されて再建されたそうです。読んでみたいな。
e0158687_23593924.jpeg
渡った橋からも土砂崩れの痕跡が伺えました。
小谷村は度々大きな土砂崩れが起こり、荒れた景色が目に映りました。
e0158687_23594855.jpeg
工事中のトラックが行き交う中車道を上がり、豊富な水量の清流の音を聞きながら山越えをして、
e0158687_23595885.jpeg
日本海に流れているんだねと妙に感心していると、夫に松本以北は皆そうだと言われてしまいました。

道の駅「小谷」に出て 昼食に又お蕎麦を食べました。
桜餅を2個買って電車を待ちます。
民宿がお休みで泊まれないので北小谷駅から平岩駅まで電車に乗って又明日ここから歩きます。
明日は道の駅でお土産を買ってお昼を食べましょう。
電車が少ないので、14時57分の電車に合わせての日程完了です。
e0158687_00003611.jpeg
電車はすぐにトンネルに入り 又すぐに長いトンネル。平岩駅に着きました。
一両だけの電車には『がんばれ 糸魚川』のシールが。旅行を計画中に大火事が起きたのでした。
乗客は私たちだけでした。
e0158687_09473656.jpg
e0158687_00024596.jpg
姫川温泉 ホテル白馬荘泊
旅行出発の直前「急に温泉が出なくなったので 近くの温泉銭湯で入ってもらうことになりますが」
と電話がありホテルの温泉には入れなくて残念でしたが、後から登山客12人が来るから先に入ってと言われて、到着後すぐにかけ流し温泉 姫川温泉瘡の湯(くさのゆ)に入りに行きました。武田信玄の隠れ湯だそうです。
源泉掛け流しの温泉は 鄙びていてとても気持ちが良かったです。
温泉は姫川の中から引いているということで驚きました。
2軒のホテルとも出なくなっていてみんな”瘡の湯”に入りに来ていました。

年配の登山客一行は所沢から日本百名山の雨飾山に登山にきたとのこと。
迷って予定より遅く到着されたようで、夕飯はとても賑やかにお酒を飲まれていて楽しそうでした。
今日対岸に見えていた山だったと後で知りました。
いつも夫の計画なので行ってきてから知ることが多いです//
e0158687_09544319.jpeg



# by miistitch | 2017-06-25 11:55 | トレッキング | Comments(0)

 塩の道 千国越え

夫と大町で合流した後、大きなスーパーで明日からのおやつを買い 外に出ると山が迫っていました。
e0158687_08094745.jpeg
大町 七倉荘泊
翌朝、宿のお薦めの屋上からの眺めは、パノラマのようでした。
e0158687_14034906.jpeg
6時の電車で白馬大池まで移動、
車窓はずうっと早苗の田と雪をかぶった北アルプスが続きます。
昨日の松本から安曇野までの道も、この風景の中、本当に良かったそうです。
夫の昨日のお昼の手打ち蕎麦は100%蕎麦、お客の注文の後蕎麦を打ち、出てくるまで30分待ったそう。
e0158687_14085917.jpeg
白馬大池駅からタクシーで栂池高原 松沢口まで。
数日前に寒波が来て山は又雪をかむったとのこと。この景色には息を呑みました。
e0158687_14240977.jpeg
いよいよ塩の道 千国街道の歩き始めです。
糸魚川から松本城下まで 120 km を日本海側からは塩や海産物を、信州からは朝やタバコを運んだ牛馬やポッカと呼ばれる人達が盛んに行き来した生活物資運搬のための道です。戦国時代 上杉謙信がこの道を経て仇敵武田信玄に塩を送ったという「義塩」の故事から「塩の道」と呼ばれ、明治まで続いたそうです。
以前義姉がこの道を歩いてから 私たちも歩きたいと思うようになりました。
e0158687_14243812.jpeg
だんだん山道に入るのでこの景色が名残惜しくて振り返り振り返り、、、
ヤマアジサイが出迎えてくれました。
e0158687_14342347.jpeg

e0158687_14351134.jpeg
牛馬が水を飲むための石が人のより低いところにありました。
e0158687_14354773.jpeg
私たちは松本から糸魚川に向かったので下りが続きましたが急な山道はしんどかったでしょう。
e0158687_14361398.jpeg
右に 日本海に向かって音を立てて流れる川音を聞きながら下りました。
牛方宿はまだ開いていなくて見学できませんでした。
e0158687_14581301.jpeg
千国番所跡

e0158687_15033286.jpeg
e0158687_15044697.jpeg
八十八夜(5月2日)〜小雪(11月23日)までは牛方が2俵背中に塩を積んだ6頭の牛を連れ、後の半年はポッカが一人1俵(47kg)十数人で雪の山坂を越えたそうです。


e0158687_15040292.jpeg
e0158687_15053614.jpeg
オダマキがあちこちで咲いていました。
e0158687_15054582.jpeg
山道を越えて4時間、南小谷の小谷郷土館でお昼ご飯、もちろん手打ち蕎麦を食べました。
おばあさんたちの手作りで量が多くて美味しかったです。
お客さんが多かったです。
e0158687_15060049.jpeg
山菜の天ぷら。2輪草が生けてありました。
e0158687_15060955.jpeg
山うどの葉が香りが高くて目にも美しかったです。

部落を通り山道を歩き、
e0158687_15541374.jpeg
e0158687_15542430.jpeg
雪が深いので屋根が急勾配でした。
雪の侵入を防ぐためか、どの家も1階の窓の外には木が横にかけられるように金具が付いていました。

下里瀬温泉サンテイン小谷 泊
夕飯が美味しかった。
山女魚の塩焼きや山菜ずくしで、新鮮で気が利いていて。
e0158687_15273449.jpeg
天ぷらは写真を撮る前に食べてしまいました。
e0158687_15274326.jpeg
長い記事になりました♪
読んでくださってありがとうございました。



# by miistitch | 2017-06-18 16:02 | トレッキング | Comments(0)

松本に行ってきました

松本に行ってきました。
松本は快晴でした。
さっぱりして澄んだ空気が印象的で以前とは印象が違いました。
後で聞くと、松本城近辺は電線が地中化しているとのこと。
パリのようでした。
e0158687_23410311.jpg
夫と二人で散策しました。
e0158687_00172256.jpg
ハナミズキが咲いていました。今が咲く季節なんですね。
((姉から電話があり、この花は”山法師”だそうです。
ハナミズキはもう咲き終わっているそう。
知らなかった〜 
夫がこのところ木彫を始め、ハナミズキとして彫っていた花にそっくりだったので、
e0158687_17203180.jpeg
じゃこれもやまぼうしだったのかな? ))

新聞販売店など 古い建物が今も健在で、
e0158687_00175209.jpg
e0158687_00152524.jpg
e0158687_00164129.jpg
蔵の街を歩いて、”喫茶まるも”のコーヒーで休憩しました。
松本民芸家具の落ち着いた雰囲気でホッとして、
e0158687_00143944.jpeg

e0158687_00161785.jpeg

夕飯は人気の”信州そば”佐々木”
開店まで30分待ちました。
中では主人が蕎麦を手打ちしているのが見えました。
e0158687_00154836.jpeg
待った甲斐あり 今までで一番美味しいこだわりのお蕎麦を満喫しました。
9割3分蕎麦だそうです。
お蕎麦にお箸をつけてちょっと湿らせて岩塩で食すると蕎麦の香りが引き立つので、最初はそうして食べてくださいとのことで初めてお塩でいただきました。
この蕎麦はこれまでの手打ち蕎麦とは違いました。
歯ごたえもあり喉越しもつるっとしっとりしていて、ちょうどいい茹で加減です。
生山葵も大根おろしも美味しかったです。
他の食べ物もお酒も美味しそうでした!
又すぐにでも行って食べたい〜
e0158687_00145699.jpg
明日12日Eテレで夜9時半からの

おとなの歩き旅 第2回「長野・松本市~古地図と歩く城下町~」

に出るようです。


目的は、
# by miistitch | 2017-06-11 16:05 | 旅行 | Comments(0)

へちま初収穫

へちまとゴーヤーを初収穫しました。
こちらでは両方とも夏の食卓の強い味方。
e0158687_07264452.jpeg
ゴーヤーは全国で広く知られてきましたが、へちまは若い種の出来る前に取って皮をむいて 我が家では味噌汁の具にします。
ナスみたいに柔らかく、薄緑の身はさっと茹でてそうめんの上に置いたり冷やしてサラダにもいいです。
何より取り立てのこのツルツルが美容にも良さそうです。
本土のまゴッチも夏の間ずっとへちまのお味噌汁を美味しそうに飲んでいました♪


公園にいった〜♪
# by miistitch | 2017-05-31 07:43 | 庭の花と菜園 | Comments(2)

 4体目出来る 勅使

神々の使いシリーズ 4体目が出来ました。
 勅使
e0158687_09005312.jpeg
天皇からの詔勅を漆の箱に入れて捧げ持っています。
これで4体全部できました。
このお人形の布地は袴も上着も下処理が甘いと凸凹が表に響くので ボディの修正だけではなかなか綺麗に仕上がりません。
そこでいつものようにさらに晒を一巻き木目込みしています。
e0158687_09060425.jpeg
このお人形は『神々の使いシリーズ』というお人形で、他にも数体ありましたが私はこれで完結です。
e0158687_09053472.jpeg


e0158687_09054250.jpeg
 (真多呂人形)
日に当てないように、反射の日差しも怖いので気遣いながら飾って楽しみます。

# by miistitch | 2017-05-30 09:18 | 木目込み人形 | Comments(2)